SAYO

記事一覧(50)

老人ホームでのケア

今年に入ってから、老人ホームにてアロマセラピーケアを始めました。新しいご縁の始まりです。ご予約入れて下さった方は、5名。首が左に傾いたまま顔を上げられない方徘徊していないと落ち着かない方左半身に麻痺が残る方大腿骨の骨折し、歩けなく足がむくんでしまう方情緒が不安定で物にあたってしまう方石巻に行っていた時の教訓で、(肌に直接触れることは、受け入れてくれたということ。)初めから肌に直接オイルを塗布することに抵抗がある方も多いと思い、服の上からのマッサージからスタートしました。直接肌に触れる事を了承いただいた方には、ホホバオイルを手や足に軽く塗布しました。アロマセラピーを勉強されている方は、分かると思いますが、精油は皮膚の中まで吸収します。老人の皮膚は乾燥をしていて、バリア機能の形成が不安定のため、吸収スピードが速いと考えられます。いわゆる超敏感肌の状態です。始めての方も多いため、精油は使わずホホバオイルだけでケアをしていきました。精油は、芳香でも充分に効果はありますので、アロマはコットンに含ませて枕元に置いてきました。持って行ったアロマは、オレンジスイート、グレープフルーツ、レモン、柚子、ペパーミント、フランキンセンス、ユーカリグロブルス。これは、緩和ケアをやっていた時の教訓で、シンプルで馴染のある香りの方が受け入れやすいということからです。少し首が左に傾いてしまった方のお話をしたいと思います。ホームに入った1か月前から、少しずつ首が左に傾いていき、右に向けられなくなりました。これを聞いた時に、「1か月じゃ元に戻る可能性はあるかも」と思い、身体の状態を確認しました。傾いている左は筋肉が緩んでいるので、問題は右側。右の筋肉は左に引っ張られているため、手先まで張りがきていました。手先からゆっくりと筋肉をさすっていきます。(高齢の方は骨も弱いため、圧(力)は入れません)肩甲骨もゆっくりと触れていきますが、その程度でも「痛い」とおっしゃりました。痛さや違和感を確認しながら、ゆっくりと摩っていきます。そして、肩、背中、首。首は板のように右だけがパンパンでした。そして、また手先に戻ってマッサージと繰り返していきます。首にきた時に、頭に手を添えて、ゆっくりと顔を右に傾けてみました。いきなり傾けるとびっくりしちゃうので、徐々に徐々にと。3回目くらいで、私は手を放し、「自分でやってみますか?」と声をかけてみると、ご本人でゆっくりと顔を上げて下さいました。丁度、マッサージしたお部屋には、写真のような景色があって、顔を上げると青い空か見えます。「久しぶりに見たね~」と笑顔でおっしゃって下さいました。この方には、柚子をお渡ししました。眠れないと言っていたので、安眠効果のある柚子を枕元に。私の祖父母は晩年、実家近くの老人ホームで暮らしており、その時の記憶が蘇りました。この笑顔。久しぶりに会えました。祖父母がなくなってから、同年代の方々に触れるのはとても久しぶりでした。筋肉は少なくなり、細くなった腕。皺の寄った肌。思い通りに動かなくなった体を、丁寧に大切に。頑張って生きてきた証です。その他にお渡ししたアロマは、徘徊がある方には、リラックス効果のあるオレンジスイート。左半身に麻痺が残る方は、血液サラサラ効果のレモン。大腿骨折してしまった方には、誘眠効果のあるオレンジスイートを。夜に痛みが出て寝れないそうです。情緒不安定で物に当たってしまう方には、同じくオレンジスイートを。帰りに、「ありがとう」と言いながら手を振って下さった、笑顔。嬉し泣きしそうだったのを頑張ってこらえました。この仕事をしていて、この笑顔に会うためにやっていたことを思い出しました。私にトリートメントをさせて下さってありがとう。今年は「原点回帰」。こういうひとつひとつを初心に戻って大切に、やっていきたいと思っています。もし同じようなお悩みの方がいらしたら、ぜひアロマを枕元に置くことから始めてみて下さい。マッサージは出来なくても、出来ることをするで良いと私は思います。「誰かに何かをしてもらえる。」これは、歳関係なく嬉しいことだと思います。

こころの水

こころが潤うと、その潤いが溢れて涙として、出てくることがあります。ここのところ、色々重なったり、忙しくしてたりして、嬉しいことだけど、こういう時は「余裕」がなくなる。思考もいい方向になかなか持っていけなくなったりしてしまう。自分に自信がなくなって、これでいいのだろうか。間違っていたのだろうかとか。でもそういう時に、必ず目の前に現れてくれる、こころを潤してくれる人。はっきりと「間違っていない」という分けではなくて、ただ、ただ、考え方が似ていて、物の見方、接し方、感じ方が共感できる人。そう言う人に出会えるタイミングは、「これでいいのだ」と思わしてくれる。必ず落ち込むタイミングで現れてくれる。そういう人に出会えると、こころがふわぁっと緩む。乾燥した土にお水を注いだように。その注がれた水が、たくさんになると、涙として溢れる時があります。そんな体験を久しぶりにしています。その人の温かさ。そして一緒にいた植物たちのエネルギーが、私の心をあっという間に潤してくれた。はぁ。渇いていたな。結構カラカラだったんだなって、潤ってから気が付く。まだまだだな。本当に、人に助けられている。出会えたことが、とても嬉しい。ありがとう。たくさんのありがとうを伝えたいです。

日本ハーブ療法 学術集会

先日、大学にて行った、ハーブ療法の学術集会に出席してきました。大学薬学部教授の研究結果や薬剤師による医療の中での取り組み方や症例発表など興味深い内容ばかりで、アロマセラピーの可能性を存分に感じた1日となりました。アロマセラピーが日本に入ってくる前から薬学の教科書に載っていたこと、最近では、精油の知識も必要とのことで、以前に比べて教科書に詳しく載せているとのこと。そして、精油に関して様々な視点から実験を行い、薬に変わることに有用ではないかと考える方が増えていること。日本の医学の中では、アロマセラピーを認めてもらうことは、中々難しいと思っていた私としては、聞きながら、身体の中で体液全部が沸騰しちゃうくらい興奮する内容ばかりでした。実際、今、医療と連携取りながらアロマセラピーをやっているとはいえ、医者の知識はさほど高いとは思っていなく、まだまだ薬に頼ることが多いのが日本の現状と実感しています。でも、私が実感しているのは、毎月欠かさず来てくださっている方の「心と身体の変化」です。始めてきたときと、半年経過したときとの身体は明らかに違います。でもこれは、感覚的なもので、データ(数値)で現されなければ認められないのが日本の医療。でも、これを数値で表そうとする医師や薬剤師の方がいらっしゃることが分かり、とても嬉しかったです。そんな実験のひとつに、動物を使った精油の浸透経路の話がありました。動物を高さのある所へ置き、恐怖から足を踏み出せない状態とします。その後、リラックス効果のある精油を吸入にて嗅がせると、動物は高いところを歩き出します。「恐怖」という感覚が和らいだことが分かります。その後、動物の脳内を調べると、リラックス成分の代表でもある、テルピネン-4-ol、その他、「αピネンやリモネンが検出されたことが分かりました。また抗不安効果は24時間も続いたという精油もありました。また、これは単体成分よりも混合成分の方が吸収力が高いことが分かったそうです。いままで、精油の脳へのアプローチが不明確だと聞いていただけに、脳へ成分が届いていることに驚きました。なぜなら、今までは嗅覚刺激によって脳へ届いていると聞いており、脳関門を通過しているとは、始めて聞きました。まだ、動物実験であり、人間では分かっていないことではありますが、これからどう研究されていくかによって、更に色々なことが分かってくると思いました。しかし、この事実は、いいことも悪いことにもあり、やはり使うアロマセラピストも注意をして使用していかなくてはならないと思います。医療の中で使用している病院の中には定義があり、「成分表があること」でした。どのような成分が含有されているかを知った上で、使用していくこと。これは常々私も徹底していることです。上記のように、身体への吸収を考えると、より注意が必要です。医療関係者の中で、スライドで出てきた精油は、日本薬局方に基づくものと、やはりプラナロムの精油でした。医療の中での使用方法の話もあり、緩和ケアや術後の痒みの緩和、入院中の不眠などによるものでした。私も緩和ケア病棟でケアしていた時は、室内の臭い消しや肌の乾燥のケア、また痛みの緩和としてオイルトリートメントをしていました。今回あったお話しでは、口腔ケアとして使ったり、乾皮症の方向けのアロマローション、術後の痒みや痛みの緩和ローションとしてレシピの発表もありましたラベンダーやレモンを使用すると唾液の分泌量が上がったり、口腔ケアではユーカリやハッカ油の使用がありました。私も意識不明だった祖母が口呼吸に変わったとたん、口の中の唾液が少なくなり、痰も絡みだしたため、グレープフルーツの精油を鼻の近くで嗅がせたところ、唾液分泌腺から唾液が出てくるのが見え、更に目を覚ましたという経験をしています。この時、やっぱり精油は脳に届いてる!っと実感しました。これは、良く授業で話しました。今回のこのお話で、感覚的だったのが、より明確になりました。そうそう、なんと漢方の話も出ました。「西洋と東洋のハーブ療法の比較」として題材にあがり、身体の見方や漢方の処方の仕方とハーブの処方の仕方などの説明がありました。どちらも植物を使って、身体をケアしていくことで、目的は一緒です。私たちは自然と共に共存して出来た生き物。自然と共にいることが、いちばん無理がなく自然なのではないかなと思います。今まで自分が信じて学んできたこと、積んできた経験を更に活かして続けていこうと帰り道に改めて思いました。帰り道は、なぜか歩けず・・・嬉しくて走ってました(笑)いい1日でした。

風邪をひいた時

この秋から冬にかけて、体調が悪くなる・・・というのを今回の風邪で知りました。そういえば、数年前にもこの時期に、帯状疱疹にもなったなぁと。今回は、漢方のスクールに通っていた最中に症状が出始めてしまいました。たまたま学校の症例も「風邪」と「喉の痛み」がテーマで、いいタイミングでした。私の風邪の症状は、①副鼻腔炎のような症状。鼻の奥で鼻水がドロドロと溜まっている感じ。②頭痛③咽の腫れでした。舌の色は赤く、少しの歯痕がついていました。舌が赤いのは、体内に熱がこもっている証拠。舌に歯痕が付いているのは浮腫んでいる証拠。この症状から見て、体内に熱がこもっていて、湿気を抱え込んでいると考えました。ということは・・・体内の熱を発散させれば良いという判断になりました。秋から食事をスープに変えていて、早速、熱を発散させる食材でスープを作りました。豆乳、白菜、もやしは熱を外に発散させます。そして滋養強壮で鶏肉、生姜、葱を入れました。漢方薬は「銀翹散」を先生が進めてくれたので購入。これも体内の熱を発散してくれる処方で出来ています。この「銀翹散」ミントが含有されているんですよ。ということは・・・アロマも使える!ペパーミントとユーカリでジェルを作り、鼻と喉に塗布。そして、ユーカリの吸入を。次の日から、回復症状が出始めました。鼻水が滞っていたのが、ずるずると出始めて、鼻がスッキリ!咽の炎症も少しづつですが良くなっていきました。風邪と聞くと「葛根湯」!と思っていましたが、私のこの症状で「葛根湯」を飲んでしまうと、実は逆効果!これも勉強しなければ分からなかったこと。葛根湯は、悪寒がする時の風邪で身体を温めてくれる漢方薬。なので、私の症状で飲んでしまうと、なかなか良くならないという結果に。いい勉強になりました・・・でもね、風邪をひかない身体作りをすることが大事。そして、油断は禁物!私は1時間のうたた寝がきっかけで起こった風邪。皆さんも気を付けて下さいね!

新しい領域

先日、恩師に「溜め」と「間」について指摘があってから、それを習得するためにピアノを始めました。母がピアノの先生をしていたので、指導は母にお願いし、ハノンとバイエルからスタート。なんてったって、30年ぶり。そもそも、譜面が読めるのか?という母の質問をよそに、意外に読めるし弾ける。しかし・・・リズムが取れない。母がテンポをとってくれるが、なかなか合わせられない。実は、このテンポ。施術も同じで、私は途中でジャンプする癖があった。ピアノで言うとスタッカート。恩師に言われる前から、気になっていて、見事に恩師にも指摘された。「なんで、こうなったんだろう」っと思った時。あー!!っと気が付く。講師をしている時に、生徒へ教えるのに分かりやすく伝えるために、オーバーアクションで教えていた。手は離れてはいないものの、力を抜く表現をするために、大きく動かしていたのです。これが、実際にトリートメントにも表れていて、癖となり身についてしまった。「講師辞めて良かったー」(笑) 思わず出た言葉。講師を続けていたら、どうしても抜けられない。今、この癖を取るのに練習ではなく訓練中。練習なんて生易しいものではないな。ピアノでリズムや指を離さずに強弱つける練習をしたり。音楽に身体のリズムを合わせたり。だいぶ技術が変わってきて、段々とお客様がその変化に気が付き始めてきているから面白い。トリートメント中の向き合い方も変わってきた。今までがダメという分けでなく、「新しい自分に出会える。」という感じ。これをもっと突き詰めたら、今までとは違う領域にいけそうで、楽しみでしょうがない。まだまだ成長出来る。もっともっと成長出来る。その世界をじっくりと味わうために、日々磨いていく。今は、この磨きが楽しい時。一生完成しないと思いますが、出来たらこの成長の過程を、ぜひ一緒に楽しんで下さると嬉しいです。

アラキ

アラキ。20年前の私は、この写真家が嫌いで、ただのエロジジイだと思っていました。写真家を目指す人間ならば、見るべき人なのだろうけれど、私が好きな写真家は安珠サラムーン上田義彦植田正治とアラキさんとは全然タイプが違う写真家たち。けれど、ある写真展に作品を出したことで、アラキさんの作品を手に取ることになりました。それがこの「陽子」。20年前、私はアラキさんが審査員をしている「写真新世紀」に出展しました。ゲスト審査員にサラムーンが来るということで、作品を見てもらいたくて。世界観はもちろん、サラムーンや安珠さんを意識したもの。出品後、しばらくしてから、キャノンのスタッフの方から1本の電話が入りました。「写真家の荒木経惟さんご存知ですよね」と。「はい」「今回初出品ですよね」「はい」「アラキさんが凄く良いとおっしゃっています。ただ、初出品なので賞は難しいけれど、次回に期待していると言っています。次回頑張ってください。」えっ・・・?!(動揺)嘘!アラキ??なんで!?どう考えたって、アラキさんの作品と描写が違い過ぎるのに・・・けれど・・・これをきっかけに、私の中では、アラキさんの存在が大きくなりました。本屋に行くと目に入ってくるようになって、ようやく始めて手に取ったのがこの「陽子」。写真集を見て、初めて泣いた。本屋で立ち見をしていたのだけれど、「やばい、泣く。」と思い、本を閉じレジに行きました。この「陽子」を見るとアラキさんの本質が紐解くように見えるというか。とっても不器用で、素直で愛おしさがあって、寂しさと儚さと人間の心の感情を思うがままに撮っていて、胸を締め付けらるようでした。「外見だけ見てた。」と思ったのです。こんな写真撮れるだろうか、私には・・・と思った。そして同時にこんな写真撮りたいとも思いました。心に語りかけ、感情を伝えられる写真。そんな写真家になりたいと。アラキさんが使っていた、同じカメラを買って思うがままに撮るアラキさんの真似をして色んなところで何気ない物、人を撮るようになりました。フィルムで上がってくると、何気なく撮ったのに、ちゃんと会話が成立していることが面白くてドンドン撮っていきました。そんな時に起こったのが「父のガン」。「陽子」に出会って2か月後のこと。アラキさんは陽子さんの生き様を撮り続け、その後も色々なシーンで語りかけている。私は父の死と向き合えるだろうか。あんな風に出来るだろうかと。写真家になりたいと行った時、父は喜び自分の使っていたカメラを私にくれた。そのカメラで父を撮る。今では、父に撮りたいと言ったかどうかは覚えていない。けれど、私は、「陽子」の作品に出会って、父の死と向き合ったというよりかは、父の生き様を撮り続けた。2度目の写真新世紀に出品したのは、父が亡くなって10日後。出展しようかどうしようか悩んでいて、背中を押したのが母だった。3日3晩徹夜し、全紙から半紙まで60枚近く現像し、1冊のブックを作った。今度はアラキさんに見てもらいたくて作った作品「DEAR father」出展後、キャノンの人から連絡をいただいた。「いい作品でした。」と。1つ1つの描写を細かく表現して下さりありがたかった。優勝ではなかったけれど、その次の賞を頂いた。だけれど・・・その後から写真を撮れなくなった。父以上の被写体に出会えない。何を撮っても、つまらないものに見えてしまう。撮っていて楽しくなかった。たぶん、あれで燃え切ってしまったように思います。「陽子」は私の短い写真家人生で、とても大きな存在で、「写真」との向き合い方だけでなくて、「人」との向き合い方も教えてくれたバイブルみたいなもの。東京都写真美術館でやっていた展覧会。20年越しで「陽子」に会えました。初々しい女性から、どんどんと色気があって、時に可愛い女性へと変化していく様は、見ていてもドキドキした。写真家アラキを見ているのではなく、夫、男アラキを見ている。それがカメラを通して通じてくるから、すごいよ。病気が分かって周りの空気を撮るアラキが切なくて、胸が苦しくなる。「愛」の表現が切なすぎる。この人の偉大さはずっと私の中で健在。いつか会ったら、ぎゅーってハグしたい。

『溜め』と『間』

恩師がサロンに来てくださいました。
 私がアロマセラピーを学んだスクールの先生。 先生の授業は、本当に楽しく、また的確で無駄がなくて分かりやすい。 学科は必ず一番前に座って受講し、夜間の実技授業は先生を独占するチャンスでもあったので、先生の授業をほとんど受講してました。  私の手は反り手で、その上小さい。 『密着感ないよ。指先まで神経研ぎ澄まして』 『ベターベターとゆっくり大きく動かして』 背も小さい私は、体に乗ることが出来なく、腰が痛くなったり、指が痛くなったりして、モチベーションが下がった時も、体の動きから見直してくれたり。 本当に親身になって育ててくれました。先生からのメッセージは、今でも施術中に思い出し、出来ているかと問いかけます。先生からのこのメッセージは私の一生の宝物。 学校を卒業してから誰かに指導されることは殆どなし。 ましては私の癖を見抜いて、どう動いたら良いかを指導してくれるなんて、後にも先にもいないだろうなと思うと、本当に先生との出会いは感謝しかありません。 
スクール卒業して9年目。 施術することが身に付き経験も積んできた分、この日始めて先生を緊張せずに出来たと思います。 
 そして、先生から新たなミッション。嬉しくて仕方ない。 まだ、まだ伸びることが出来ると思うと、ワクワクします。その課題は ・・・『溜め』と『間』 感覚的なもので、言葉で伝えるのはとても難しい。 感情や表現と言ったところなのだろうか。早速、先生から指導していただくも、そう簡単に出来る事ではなく、身についた癖が取れない。結構な長期戦になりそうな気がするけれど、身に付けた時に大きく変わるような気がします。楽しみ。変化。変われることはチャンス。身に付けたら、味方になる。『溜め』と『間』必ず自分のものにしたいです。

きっかけ②

アロマセラピストになったきっかけ①の続きです。前回、読んでくださった方、ありがとうございます。父の出来事は、私の生き方そのものに大きな影響をもたらしました。遠い未来を描くよりも、今ある目の前のことを懸命に生きること。明日の命は決して保障されているわけではないと。生と死は背中合わせであるということ。そう考えた時、今、目の前にある1分1秒がとても儚く、大切にしたい気持ちが生まれました。一家の大黒柱を失った当時、私はフリーのカメラマンをしていました。いくつかのコンテストで賞をもらったりしていましたが、食べていける程の安定と収入はなく、カメラマンの道を諦め、化粧品会社へ就職します。単純に「座って、接客が出来る仕事」という理由で通信販売部のオペレーターを選び、たまたま募集していた会社へ就職。通信販売部の上司に可愛がっていただき、上司が新しく作った「教育部」というコールセンターオペレーターや美容部員、更に社内、社外すべての教育を一括して承り、私は、テキストの作成、指導、説明会と全国行脚の日々でした。全くを持って無知だった私は、化粧品成分、解剖生理学、皮膚理論、薬事法の他、人前で話すので、マナー、言葉使い、テキスト作成するので文章の書き方など、ここで徹底的に絞られました・・・最初は「なんでー」って思っていましたが、これがだんだんと楽しくなっていました。そんな中、忘れもしない、2/14のバレンタインデー。出張先の京都伊勢丹で「敏感肌向け化粧品フェア」で肌質チェックや化粧品の説明などで接客をしていた時。時期的に、花粉が飛び出し、目や鼻に炎症が出始めている頃でした。ひとりの女性がカウンターへちょこんと座りました。帽子を深くかぶり、顔にはマスク、そして手袋をしています。ずっとうつむいていて、様子は全く見えませんでした。「こんにちは。」「・・・どうも・・・」とお客様。「何かお肌にお悩みありますか」と伺ったところ「アトピーで。」と。服装は花粉を防御するためだったと納得。「花粉、飛び始めてアトピー性皮膚炎にも影響ありませんか。」「もう、どうしたら良いか分からないんです。何をしても良くならなくて」と。そして、続けて「ここの化粧品、良いって聞いたから。」と。私が勤めていた会社は、皮膚科医が開発した化粧品で、肌質別にラインナップがありました。「敏感肌用の化粧品ありますけれど、肌に塗ってみますか」と聞いたら、手袋を外し、手を出してくれました。手の甲はアトピーで荒れていますが、手の平は炎症はなく塗布することが出来るので、ハンドマッサージをしながら、塗布をしてみました。ですが・・・全くの無反応。その時彼女が他の化粧品を見て、「これは何ですか」と聞いたのです。それは、アンチエイジング用の化粧品で、若い彼女にはおすすめしませんでした。「アンチエイジング用の化粧品で、若返りのエッセンスがたっぷり入った化粧品ですよ」と彼女の顔の前に差し出したとき、マスクを外し容器に鼻を近づけました。「わぁーなんていい香り!」と顔を上げ、始めて私に笑顔を見せてくれました。敏感肌用の化粧品には、香料が刺激となる場合があるので、香りは入っていません。アンチエイジング用の化粧品には、イランイランやゼラニウムなどの香りが入っていました。帰りの新幹線の中、たくさんの人の出会いに充実感を感じている中、そのアトピー性皮膚炎の女性は印象に残っていました。「香りを嗅いだだけで、なんであんなに反応違うんだろう・・・」この彼女との出会い、そして疑問が私をこの世界へと引っ張りました。帰った翌日、香りについて調べていると、セミナーがあるのを見つけ、行った先がアロマセラピーの学校でした。セミナーの1つに「香りと脳の関係」とありました。「脳!?」解剖生理が大好きな私は、興味深々。香りと脳の関係性を聞くと、京都伊勢丹で出会った彼女の反応がもの凄く腑に落ちたのです。話を聞けば聞くほど、面白くて、結局1日学校にいて、色々な話を聞きました。最後に入学手続きの説明を受けていた時に、なんと、その学校、私が働いていた会社の子会社だったのです。全然、私は知らなかったのですが、なんだかこの出会いと言い、ちょっと偶然とは思えませんでした。アロマセラピーを勉強しようと思っていたのですが、マッサージも一緒に学べると聞き、思い出したのが、父の言葉「マッサージ上手だよ。」「やってみようかな。」と始めてそこで思いました。ちょうど、父が亡くなって10年経った頃でした。母は「お父さん、言ってたし、やってみたら」と背中を押してくれました。平日は仕事、土日は学校の日々。私が通った学校は、もうなくなってしまったけれど、皮膚科医の先生が関わっているだけに、病院の医師が学校に来て解剖生理を教えてくれるという素晴らしいところでした。アロマセラピーが医療でも注目されていることをここで初めて知った時、色々な可能性があるかもしれないと思い、夢中になっていきました。そして、その夢中は今でも止まらない・・・。香りと身体の関係は切っても切れない。それは京都伊勢丹で出会った彼女が教えてくれたこと。様々な人との出会いときっかけが私をこの世界へと引っ張ってきてくれたんだなと思います。それに感謝の意を伝えるには、言葉ではなくて、私が誠心誠意をもって、今を全うすることだと思っています。いつかあの世に行った時、父に胸張って会えるように。そんな自分でありたいです。読んでくださってありがとうございます。結局、長くなっちゃいましたね。