新店OPEN

とってもご無沙汰です。


お仕事は、変わらずバタバタしていて、最近になってようやく落ち着いてきました。


最近のこと言えば、8月から新しいところで新店舗がOPENしました。


群馬の前橋にある、「敷島公園」のすぐ近くに出来た

『敷島の森 おなかのクリニック』。

こちらで、毎週火曜日にアロマケアをさせて頂くことになりました。


アロマでケアをしていると、トリートメント中にお腹がゴロゴロ動き出す方や、

胃腸疾患からくる、メンタルや女性特有のトラブル双方に効果が出ていることを

肌で感じています。


例えば・・・

25年近く、クローン病を患っている方がいました。

彼女を定期的にケアをさせて頂き、4回目のケアで、1年なかった生理がきた!と報告がありました。

最初は「そっち!?」と思いましたが(笑)

彼女が喜んでいる顔を見ると、やっぱり嬉しい。

そして、学びます。

病気1つにしても、色々関連してトラブルが起きるんだなと。

彼女は、もう生理は来ないんだと諦めていたそうです。


長年、たくさんの方をケアしていると、アロマセラピーで出来る事と、出来ない事が分かってきます。

そこで感じているは、やっぱり胃腸とメンタルはリンクしているということ。


院長にアロマセラピーをやらせてほしい。


とお話しさせていただき、今回OPENとなりました。


このクリニックでは、胃腸内科の他に、漢方内科もあって、漢方についても勉強できることもとても嬉しいです。


そして、環境がとても素敵なのです!


上の写真がトリートメントルーム。

季節の花々が楽しめる空間です。

春は、この部屋から桜が満開に見れます。

冬に雪が降ってもきれいだろうな。


そして、何と言っても、トリートメントをしている私がいちばん癒されています。

この空間でトリートメントが出来ることが、とても嬉しい。


この場所にOPENした理由を院長は、こう言いました。

「お腹のトラブルには、癒しが必要だから、この場所に病院をオープンしたかったんだ」と。


病院の作りも、木と緑で作られていて、室内は木の香りがします。

音楽や置いてある本も院長のこだわりぬいたものがいっぱい。


良かったら、この空間でのアロマセラピーも受けに来てみて下さい。


そして・・・

私自身、トリートメントをするにあたり、環境の大切さも感じました。

自分の中で、「理想」を追求してみようとも考えています。

Kumiko Ando Aromatherapist

自然療法アロマセラピーサロン インザサニープレイシス代表 アロマ・ハーブ・漢方理論に基づいたサロンとワークショップを随時開催しています。