『溜め』と『間』


恩師がサロンに来てくださいました。  


私がアロマセラピーを学んだスクールの先生。 


先生の授業は、本当に楽しく、また的確で無駄がなくて分かりやすい。 

学科は必ず一番前に座って受講し、夜間の実技授業は先生を独占するチャンスでもあったので、先生の授業をほとんど受講してました。


  私の手は反り手で、その上小さい。 

『密着感ないよ。指先まで神経研ぎ澄まして』

 『ベターベターとゆっくり大きく動かして』

 背も小さい私は、体に乗ることが出来なく、腰が痛くなったり、指が痛くなったりして、モチベーションが下がった時も、体の動きから見直してくれたり。

 本当に親身になって育ててくれました。

先生からのメッセージは、今でも施術中に思い出し、出来ているかと問いかけます。

先生からのこのメッセージは私の一生の宝物。

 

学校を卒業してから誰かに指導されることは殆どなし。 

ましては私の癖を見抜いて、どう動いたら良いかを指導してくれるなんて、後にも先にもいないだろうなと思うと、本当に先生との出会いは感謝しかありません。 


スクール卒業して9年目。 

施術することが身に付き経験も積んできた分、この日始めて先生を緊張せずに出来たと思います。 

 

そして、先生から新たなミッション。

嬉しくて仕方ない。 

まだ、まだ伸びることが出来ると思うと、ワクワクします。

その課題は ・・・


『溜め』と『間』


 感覚的なもので、言葉で伝えるのはとても難しい。 感情や表現と言ったところなのだろうか。

早速、先生から指導していただくも、そう簡単に出来る事ではなく、身についた癖が取れない。

結構な長期戦になりそうな気がするけれど、身に付けた時に大きく変わるような気がします。


楽しみ。


変化。

変われることはチャンス。

身に付けたら、味方になる。


『溜め』と『間』

必ず自分のものにしたいです。

Kumiko Ando Aromatherapist

自然療法サロン インザサニープレイシス代表 アロマライフワークやアロマセラピーでの出来事、サロンのこと、プライベートなこと書いてます。 アロマ・ハーブ・漢方理論に基づいたサロンを代官山にて経営しています。