こころの水

こころが潤うと、その潤いが溢れて涙として、出てくることがあります。


ここのところ、色々重なったり、忙しくしてたりして、嬉しいことだけど、

こういう時は「余裕」がなくなる。


思考もいい方向になかなか持っていけなくなったりしてしまう。


自分に自信がなくなって、これでいいのだろうか。

間違っていたのだろうかとか。


でもそういう時に、必ず目の前に現れてくれる、こころを潤してくれる人。


はっきりと「間違っていない」という分けではなくて、

ただ、ただ、考え方が似ていて、物の見方、接し方、感じ方が共感できる人。

そう言う人に出会えるタイミングは、「これでいいのだ」と思わしてくれる。

必ず落ち込むタイミングで現れてくれる。


そういう人に出会えると、こころがふわぁっと緩む。

乾燥した土にお水を注いだように。

その注がれた水が、たくさんになると、涙として溢れる時があります。

そんな体験を久しぶりにしています。


その人の温かさ。そして一緒にいた植物たちのエネルギーが、私の心をあっという間に潤してくれた。


はぁ。

渇いていたな。結構カラカラだったんだなって、潤ってから気が付く。


まだまだだな。


本当に、人に助けられている。

出会えたことが、とても嬉しい。

ありがとう。

たくさんのありがとうを伝えたいです。

Kumiko Ando Aromatherapist

自然療法サロン インザサニープレイシス代表 アロマライフワークやアロマセラピーでの出来事、サロンのこと、プライベートなこと書いてます。 アロマ・ハーブ・漢方理論に基づいたサロンを代官山にて経営しています。