映画『あん』

小豆を炊く時は、小豆さんとお話をするんです。

どこから来たのですか。

風にあたって寒くなかったですか。

雨にたくさんあたりましたね。

小豆さんが旅してきた道を小豆さんから聞きながら、

人から人へと繋がっていく小豆さんの旅を。

その旅に関わった方へ感謝の気持ちを込めて、『あん』を作る。


小豆が「音」「香り」で答えるという。

畑から来てくれた小豆を「おもてなし」するという。

長い長い旅から、来てくれたからと。


とても静かでゆっくりと心に染みこむ時間。


そこにある人間の裏側。


人の噂に左右され、戸惑うこと。


でも、本当は考え方なんかシンプルでいい。


桜は咲き、夏が来れば青々とした葉がそよぎ、蝉が鳴く。

風の音、雨の音、月の光。


心を潤してくれるものは、すぐそばにある。


目に写ることが全てではない。


樹木希林さんと永瀬さんの小豆を作るシーンがとっても温かい。


涙が止まらなかった。

本当に素晴らしい映画です。


6月に河瀬監督の新作が公開される。

森の話。

そして、大好きなジュリエットビノシュが出演する。

今から、公開が待ち遠しいです。



Kumiko Ando Aromatherapist

自然療法サロン インザサニープレイシス代表 アロマライフワークやアロマセラピーでの出来事、サロンのこと、プライベートなこと書いてます。 アロマ・ハーブ・漢方理論に基づいたサロンを代官山にて経営しています。